FC2ブログ

女子トイレ覗き魔王

和式便所・洋式トイレなど様々な盗撮情報、画像・動画紹介

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イベントでモデルを盗撮

まさに「生まれてこの方最高」の美人ぶりにビックリした。
俺が高校まで住んでた地方都市では、まさにそのモデルさんは、それまでの
人生で見る最高の美人だった。

俺と山中(友人・仮名)が時々、退屈しのぎに女子トイレを覗かせて貰ってい
たショッピングセンターの入口で

 「○月×日 ○○化粧品メイクアップ講座を開催致します」

の貼り紙に記されていた、まさに「○月×日」のことであった。
俺と山中は「もしかしたら、むちゃくちゃ綺麗なモデルさんがいて、いつも
のトイレで覗けたりして・・・」などと、超ー甘甘の期待をしつつ、フラー
っと○○化粧品のブースを覗きに来てみたら、現実はもっと甘甘の事態とな
っていた。

見物の若奥様たちに囲まれ、その中央でメイクされているのは、紛れもなく
プロのモデルさんだった。 それが美人なのなんなのって・・。
当時、俺の頭の中では「森高」以上の美人はこの世に存在する訳が無い。
(・・笑)と信じ切っていたのだが、現実にプロのモデルのおねーさんを見て
しまうと、そんな考えなど吹き飛んでしまった。 
超ストレートで長い黒髪。涼しげな二重の目。凛とした上品な顔立ち。・・
何もが完璧だった。


時計は、もう昼の12時を回っていた。午前と午後のそれぞれ一回ずつの「メ
イクアップ講座」の間の2時間、「この2時間の間にモデルのお姉さんは必ず
このトイレに来る筈だ・・・」と山をかけ、化粧品フロアーのトイレ入口が
視界に入る場所で、かれこれ1時間以上待ち伏せているのだが、あのモデルさ
んは一向に姿を現さない。
 途中、秋月さんという23,4歳の美人で山中お気に入りの○○化粧品販売員
さんが新しい冬用の制服を身に着け、2回もトイレへ行ったのが、もったいな
かったが・・・まあ、いつも前から後ろから、覗かしてもらっている秋月さ
んの事。 また別の機会に拝ませてもらいましょっと、今日は敢て動かなか
った。 だけど、山中が心の中で地団駄を踏んでいるのがよくわかる。 手
に持つデジカメと缶コーヒーがカタカタと揺れていた。


そんな秋月さんがトイレから出てきて○○化粧品の方へ戻っていく途中の事
だ。一瞬、空気が凍り、時間が止まった。 秋月さんと軽く会釈をし、行き
違いにこちらのトイレに向かって来る女性。・・モデルのあのおねーさん!!
だ。

俺たちは、まず男子トイレへ入り耳をそばだてた。 コツ、コツとハイヒー
ルの音が聞こえてきた。チラッと盗み見ると、お姉さんが女子トイレに入っ
ていく後姿が見えた。 しばらくして個室の扉を閉め、「カタッ」と鍵のし
まる音がひびいた。   !!!突入だぁー!!

鍵閉めの音を合図に、俺と山中は女子トイレへ突入した。ここでおねーさん
のミステイクっ。・・お姉さんは鍵閉めと同時に音消しのため、水を流し始
めたので、全く俺たちの足音が消されてしまった。まさに自ら、「どうぞ私
の排泄姿を観て下さい。」状態だ。

お姉さんは、2つある個室の奥側に入っていた。という事は、手前の個室から
と横の扉の隙間からの「尻中心」の覗きになる・・(よしっ、お姉さんの肛門
を徹底的に狙ってやろう)
 真っ白のハイヒールが便器をまたぎ、スラッーとした足首に思わず見とれ
ていたら・・息つくひま無く、色白のお尻がおりて来たっ。むちゃくちゃ綺
麗なお尻だった。
 
前の方からシッコが勢良く出始めた。色は無色透明にちかい。同時に尻の
割れ目にクッキリとピンクの肛門が見える。 ハイヒールのヒールが急なの
で、後ろから「至近距離」でお尻を拝んでいる俺たちに、尚更お姉さんが肛
門を自ら曝け出す型になる。 俺たちは躊躇せずお姉さんの肛門をデジカメ
に収めていく。 「ザマミロ。肛門、丸出しにしやがって、全部写してやる
からなっ・・」なぜだかそんな変な気分になってきた。

 シッコが終わっても、お姉さんは全く動く気配がない。その間も肛門
がヒクヒク上下に動いている。その模様も容赦なくデジカメに収める。
・・・30秒程度経ってもお姉さんは全く動く気配がない。・・・肛門がヒク
ヒク上下に動いている。。。お姉さんじっとしたまま・・・ウンコを出した
いのだけども、出ないのだ。 俺は一部始終デジカメに収めながら「フラッ
シュでも焚いて、ビビらせたろか」などと思っていた。

・・・ついに諦めたのか、・・お姉さんはトイレットペーパーを出し始め、
後始末に取り掛かろうとした。  しかし山中はただでは許さなかった。
さっきの秋月さんを覗くのを我慢したのもあり、完璧にエスカレートてい
た。
山中は、「お姉ーちゃん、ウンコも出してよー」と叫びながら個室の上から
モロにフラッシュを焚いて、ついに空爆を開始した。

「・・・・・!やめて下さい。」お姉さんはマジにビックリして、パンツは下
げっぱなしのまま、ギューと股を閉じて声にならない声を発した。どう見て
もトイレ覗かれた経験値「ゼロ」という感じの、おねーさんのリアクショ
ン。  山中の捨て身の行動に触発させられ、俺もエスカレートしてしまっ
た。お姉さんの個室の扉のところへ行き、鍵をこじ開けようとガチャガチャ
ッと押したり引いたりしてしまった。 ・・・開かない鍵に苦労している
と、お姉さんはだいぶ正気を取り戻してき始め「・・やめて」の声が大きく
なってきた。 
俺と山中はようやく逃げる体制へ移行した。
最後に山中は「お姉さんのケツの穴、写真撮らしてもらったよっ!」と大声で
叫び、なんと個室の上から下のお姉さんへコーヒーをぶっ掛けた。

・・・俺たちはとりあえずトイレから出てくるお姉さんを見たかったが、さ
すがにヤバイと、ここは逃げた。

午後のイベントの時間になって、そーっと○○化粧品のブースを覗いて見る
と再び見物の若奥様たちの中央にお姉さんがいた。さすがプロのモデルだ。
まったく午前と変わらず周囲にその気品のある美しい顔を見せていた。
俺は心で思った。
「ザマみろ」と
関連記事

| トイレ覗き体験談 | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nozokimaou.blog.fc2.com/tb.php/43-ac14ba18

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。